女性から男性をデートに誘おう!自然な流れでデートに誘うおすすめアプローチ術

好きな人にアプローチしたい、相手との関係を一歩先に進みたいと思っても、自分からデートに誘うという行為は勇気がいるもの。

一方、男性からすると、女性からデートに誘われて嬉しくない人は少ないものです。

しかし、意中の男性をデートに誘いたくても、「どうやって声を掛けたらいいかわからない」「断られたらどうしよう」と困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな時に参考になるかもしれない、アプローチ術をご紹介します。

自然な流れでデートに誘うおすすめアプローチ術

デートと言う言葉を使わないで誘う

恋人同士であっても、なかなか普段から「デート」と言う言葉は使わないですよね?

「デートに行きたい」という直接的な言葉を使うと、相手もドキッとしてしまい、ハードルが上がってしまうかもしれません。

「一緒にご飯に行きませんか?」など気軽な声の掛け方のほうが、相手も気軽に受け入れられOKしやすくなります。

他にも「一緒に遊びに行きませんか?」「次の週末は空いていますか?」など、「デート」と言う言葉を使わず誘うと、ライトな感じがして良いでしょう。

「一人で行きにくい」を口実にする

女性ではどうしても一人で行きにくいお店やイベントがありますよね。

中には映画なども一人で行くには抵抗がある人もいると思います。

そのような時に「○○に行きたいんだけど、一人では行きにくいから一緒に行ってくれない?」と誘ってみましょう。

男性も「確かにそうだな」と納得して付き合ってくれることでしょう。

こうした声かけをする時は、男性の好きそうなお店やイベントを選ぶとさらに効果的です。

「相談に乗ってもらいたい」と誘う

「相談に乗ってもらいたい」「話を聞いてもらいたい」と誘うのも良い方法です。

特に「できれば男性からのアドバイスが欲しいので○○君にお願いしたい」などというと、男性も気軽にOKしやすくなります。

こうした際は、相談事の話だけでネガティブな会話にならないように気を付けましょう。

もし相手に趣味などで詳しい分野があれば、「私も始めたい。道具を揃えたいので、教えて欲しい」などの口実を作ることも、男性を誘いやすい常套句です。

「○○君が好きそう」と誘う

「○○君が好きそうな映画があるんだけど」「こんなイベントがあるんだけど、○○君興味ある?」などと相手が好きそうなものを紹介しながら誘うという方法もあります。

自分が好きなものを一緒に楽しみたい、という気持ちを受け取った男性もうれしいはず。

さらに、共通の趣味のものであれば会話も弾みやすく、デートも成功しやすくなりますよ。